03-6380-2980 営業時間9:00~18:00定休日毎週土曜・日曜日

ホーム > 取り扱い製品 > Ixia | A Keysight Business > ネットワークタップ > Network Tap

ネットワークタップとは?

ネットワークタップとは?

ネットワークタップ(TAP:Terminal Access Point)は、ローカルネットワーク上のイベントをモニタリングし、管理者がネットワークを分析するのを支援するためのシステムです。 タップ自体は通常、専用のハードウェアデバイスであり、コンピュータネットワークを流れるデータにアクセスする方法を提供します。ネットワーク内の2点間のトラフィックをモニタリングするために使用します。。ポイントAとBの間のネットワークが物理的なケーブルで構成されている場合は、ネットワークタップがこのモニタリングを実行するための最良の方法です。

ネットワークタップの構成とアプリケーション

ネットワークタップには(少なくとも)3つのポートがあります。Aポート、Bポート、そしてモニターポートです。ポートAとBの間にタップを挿入すると、すべてのトラフィックが妨げられることなくリアルタイムで通過しますが、その同じデータがモニタポートにコピーされるため、第三者がモニタリングできるようになります。ネットワークタップは、ネットワーク侵入検知システム、VoIP録音、ネットワークプローブ、リモートネットワークモニタリング(RMON)プローブ、パケットスニファ、およびネットワークセグメントへのアクセスを必要とするその他の監視および収集デバイスやソフトウェアに広く使用されています。

ネットワークタップには(少なくとも)3つのポートがあります。Aポート、Bポート、そしてモニターポートです。ポートAとBの間にタップを挿入すると、すべてのトラフィックが妨げられることなくリアルタイムで通過しますが、その同じデータがモニタポートにコピーされるため、第三者がモニタリングできるようになります。ネットワークタップは、ネットワーク侵入検知システム、VoIP録音、ネットワークプローブ、リモートネットワークモニタリング(RMON)プローブ、パケットスニファ、およびネットワークセグメントへのアクセスを必要とするその他の監視および収集デバイスやソフトウェアに広く使用されています。

ネットワークタップの構造概念

ネットワークタップ VS スパンポート

スパンポートをスイッチに設定して、スイッチ経由でモニタリング装置に接続することもできます。 その場合、スイッチは、そのメカニズムから進入ポートで、壊れたパケットや最小サイズのパケットを排除します。 これに対してネットワークタップは、エラーパットを含む回線上に流れるトラフィックを100%取りこぼしなく、すべて取得することができます。 
1Gbpsイーサネットの回線の場合、1Gbpsのポートには、上り、下り合わせて最大合計2Gbpsのトラフィックが流れます。 スパンポートの場合は、1Gbpsを超えたトラフィックは、取りこぼしします。1Gbps UTP用のネットワークタップには、モニタ用として2つの1Gbps出力ポートを装備しています。また、10G、40G、100G用ファイバタップにおいても同様に2つのモニタポートを装備しています。

ネットワークタップの種類(UTPケーブル用、光ファイバ用)

帯域が10/100/1000Base-T用のUTPケーブル用タップと帯域が1G/10G/40G/100G用の光ファイバタップです。UTPケーブル用タップは、カッパータップとも呼ばれ、電源を必要とします。通常、電源は、冗長化されています。 電源が切れた場合には、ネットワーク回線の接続が維持されるように設計されています。
光ファイバタップは、内部に光ファイバスプリッタ(光学部品)が内蔵されており、光信号を物理的に分離して、分離した光信号をモニターポートに送信します。この光学部品は電源を必要としないため、電源回路を必要としません。 
どちらのネットワークタップも外部から制御できる管理ポートがなく、また、モニターポートからネットワークポートへ信号を逆流することがないため、セキュアな通信を実現するために、データダイオード(1方向通信)として利用されることもあります。

製品に関するお問い合わせ

クオリティネット株式会社 営業部
03-6380-2980
営業時間9:00~18:00
定休日毎週土曜・日曜日
お問い合わせ